メイクはメイク落としやクレンジングで落とすことが一般的

クレンジングでしっかりと自分は落としたと思っていても、実は毛穴の中に汚れが詰まっているということはよくあることです。1日中メイクをしているわけですから、必然的にメイクが毛穴の中に入っていくことはよくあることです。この毛穴に入ってしまったメイクを放っておいて蓄積されるとにきびの原因にもつながりますし、毛穴も黒ずんで目立ってきます。肌トラブルの多くがメイク汚れが毛穴に詰まって起こってしまっているといわれているくらいですから、しっかりと汚れを落とす必要があります。毛孔の中に詰まったメイクの汚れをしっかりと落とそうと思ったら洗顔をしっかりしなければいけないということはわかっても、ごしごしと力を入れてすればいいという問題ではありません。 “メイクはメイク落としやクレンジングで落とすことが一般的” の続きを読む

メイクを落とす

メイクをするのには時間をかけるという人も、意外にメイクを落とす時には時間をかけないという人も多いと思います。メイクをしたときと同じくらい時間をかけてメイクを落とすというのがポイントになってきます。メイクを落とす場合に間違った落とし方をすると肌が傷つけられてしまいます。正しい方法としてはメイクはごしごしこすったりしないでなじませるようにメイク落としを肌につけて丁寧におとしていきましょう。メイクを落とすときにはメイク落とし専用のクレンジング剤が必要です。クレンジング剤にはいろいろと種類があって、水性のものもあれば油性のものもありますし、またオイルのオイルタイプもあれば、クリーム、ジェルタイプのものなど色々とあります。クレンジングでしっかりと丁寧に落としたいと思っているのであれば、クリームタイプを使うのが一番といわれています。メイク落としのクレンジングを手のひらでまずは温めてから使いましょう。そしてしっかりと肌になじませてメイクを浮かせる感じで洗ってから、洗い流します。それで終了する人も中にはいるのですがそれから洗顔料で綺麗に汚れまで落とします。 “メイクを落とす” の続きを読む

メイクの口紅の選び方

メイクで口紅の塗り方については先ほど紹介しましたが、重要なのは口紅の色の選び方です。口紅の色の選び方次第でずいぶん違ってきます。口紅はメイクをした最後の仕上げですから、他のメイクの色合いやその日に着ている服とのコーディネートも考えたうえで自分に合った色を選ぶ必要があります。口紅は自分に合ったものを選ぶのがいいので自分の好きな色と合う色というのは違っていますからその点は注意した方がいいですね。赤い色が強いと顔の血色がよく見えるのですが薄い色の口紅を選んでしまうと顔の血色が悪く見えるので注意しましょう。また口紅は年齢やその日の洋服のコーディネートも踏まえて選ばなくてはいけません。年甲斐もなく明るい色を付けているとその部分だけメイクが浮いた印象になりますし、逆に若いのに薄い色や暗い色の口紅をつけていると老けた印象になるので注意しましょう。普段使っている日常的にメイクをする際の色はベージュ系がいいと思いますし、パーティーやイベントなどの場合には赤系の色がいいでしょう。 “メイクの口紅の選び方” の続きを読む

メイクの仕上げとして口紅は重要ですよね。

他の部分が完璧であっても口紅を塗らないと腑抜けな印象になります。口紅の上手なメイクの仕方としては、唇のラインをまずは決めましょう。そしてリップペンシルを使って唇の輪郭を取ります。そして口角の部分までしっかりとラインをつけていきます。ここで隙間があるといけませんから、隙間ができないようにしっかりとラインを結びましょう。そしてラインが上手に描けたらいよいよリップブラシで色を塗っていきます。メイクで口紅を塗るときにはリップブラシを使うのがいいでしょう。直接口紅を唇にあてて塗るという人も中にはいるかもしれませんが、その方法ではなくて、リップブラシで丁寧に色をのせるのがいいでしょう。最初に塗るのは上か下かどちらかわかりますか?最初に色をのせる部分は下くちびるです。下唇からしっかりとまん中に口紅を塗ってまん中から外に向かって口紅を伸ばしていきましょう。 “メイクの仕上げとして口紅は重要ですよね。” の続きを読む

奥二重の人のアイメイクの方法を紹介したいと思います。

より効果的に目をぱっちりとさせるアイメイクです。まずアイライナーを使うときにはリキッドタイプを選びましょう。リキッドタイプはメイク初心者にとっては少し難しい印象を受けるかもしれませんが、アイライナーのリキッドタイプを使って、まつげとまつ毛の隙間を埋めていきます。このときは丁寧に埋めていき、少し太めにアイラインが作れてもいいでしょう。そして上まぶた以外にも下のまぶたにもアイラインを入れるのがいいのですが、下まぶたにアイラインを入れる場合には今度はペンシルタイプを使うのがいいでしょう。そして奥二重のアイメイクのアイシャドウは暖色系を選ばずに寒色系を選ぶようにしましょう。どうしても奥二重の人というのは腫れぼったい印象になりがちですから寒色系ですっきりさせる必要があるのです。そして立体感を出して印象付けるためにアイシャドウは二色で行います。 “奥二重の人のアイメイクの方法を紹介したいと思います。” の続きを読む

パナソニックの「ソイエ」がコロナで注目浴びてるとか

パナソニックのビューティー家電のひとつ「ソイエ」という脱毛器は、光や電気で毛根に作用するのではなく、ムダ毛をからめとって抜くタイプなので、やはり痛いです。
普段から毛抜きで抜いている人なら簡単に出来て良いかもしれません。
“パナソニックの「ソイエ」がコロナで注目浴びてるとか” の続きを読む