色や柄を楽しみながら、シンプルに。

服や小物を購入する際には、常に色や柄に偏りがないように注意しています。
10代のころは、大人っぽく見せるにはモノトーンって思い込み他の色を楽しむことなどありませんでしたが、
20代以降は赤や黄色、緑や青といった原色なども取り入れています。

ただ、取り入れるのは上下どちらかでシンプルになるようにしています。
柄物も同様に、ボーダーやストライプといった定番のものから、エスニック柄や大き目の花柄なども取り入れでも全体的に、
見た目がガチャガチャにならないように気を付けて購入しています。

仕事をしていた際には、毎日スーツでしたがインナーに色物や柄物を取り入れ、平凡になりがちなスーツを楽しんで着ていました。
主婦となった今でも、まだ試したことのないような色物は、ユニクロなどで安く購入し試して楽しんでいます。
今まで、自分では似合わないと思っていた柄や色物を着て、似合うねと言われて新発見なんてこともあります。
色物も柄物とにかく、一度に使いすぎない(着すぎない)ことです。